JRAI案内

一般社団法人 日本免疫治療学研究会 設立趣意書

一般社団法人 日本免疫治療学研究会 設立趣意書

 現在のがん治療は、三大治療といわれる外科療法、放射線療法、化学療法を中心に大きく発展を遂げている。しかし、進行がんの場合は根治が難しく、また、治療の副作用を被ることにより、必ずしも患者の利益につながらない場合があることが指摘されている。このような現状の中で、真に患者の利益となる新たな治療法の確立が期待されている。  
近年の基礎免疫学の進歩は、腫瘍や病原微生物に対する生体の免疫応答機構を飛躍的に解明し、各種疾患に対する免疫療法の新しい発展の大きな可能性を開いている。またバイオテクノロジーの発展は、細胞医療という新しい視点に立った治療法を成立させた。

 がんに対しては、細胞医療の一分野である免疫細胞治療はその有効性が報告され、厚生労働省の承認の下、先進医療あるいは高度医療としても行われている。また、ウィルス感染症に対する有効性についても検討されている。免疫細胞治療は、真に患者の利益となるがん治療の一つとして広く普及すべきであり、また今後の改良による大きな進歩の可能性をもった治療法である。また、従来の三大治療法などと積極的な併用が可能で、根治手術後の再発率を減少させるも報告されており、大いに研究が推進されるべきである。

 しかしながら、がん医療の現状は、免疫細胞治療が、がん治療法の一つとして標準化されるには程遠い状況であるといえる。この背景には、医療界での本療法に対する理解の不足、実際に本療法を行うにあたっての人的・技術的・経済的な制約、現状の医療システム中での社会的な制約などが存在している。これらの点をふまえて、がん、感染症、その他の難治性疾患に対する治療法として、免疫細胞治療の健全な育成と普及を目指すべきであると考える。そのためには免疫細胞治療に関する学術活動・情報発信、臨床応用を主眼とした基礎研究の促進、一定の品質、安全確保のための細胞培養士・細胞培養施設の認定、および医療行政に対する提言などを行っていくことが不可欠である。

 上記の目的を達成するために、このような行動の母体となる学術団体として、一般社団法人日本免疫治療学研究会をここに設立するものである。